会社案内

ご挨拶



代表取締役社長
橋本 哲治

 北九州埠頭株式会社は、1957年(昭和32年)に北九州市(当時の門司市)が51%を出資する官民共同企業体(第3セクター)として設立されて以降、港湾利用者へのさまざまな支援業務を通じて北九州港の発展に寄与してきました。

 当初は、門司区の田野浦埠頭におけるセメント関連施設の管理運営や船舶給水販売が主な事業でしたが、その後、太刀浦にコンテナターミナルが整備されるなどの港湾情勢の変化に伴い、昭和55年には北九州市港湾施設管理運営業務を開始し、昭和60年にはガントリークレーン等の施設性能維持業務を開始するなど、港湾施設の維持・管理業務に主軸をシフトしてきました。

 その後、新規事業といたしまして、平成13年に久岐の浜駐車場を開業、平成16年に新門司マリーナの事業譲渡を受け営業を開始、平成19年には若松に産業廃棄物の荷役作業に対応したリサイクルポート施設の営業を開始するなど、順次、新規事業の拡充を図り、北九州港全域へと事業エリアを拡大してきました。

 また、北九州の港湾施設は、これまで市が直営で管理運営を行なってきましたが、平成30年度から港湾施設の管理運営に指定管理者制度が導入され、弊社が指定管理者として、太刀浦コンテナターミナルを含めた門司地区の港湾施設の管理運営を行なうこととなりました。

 今後も、これまで蓄積してきた技術力、港湾施設の管理運営ノウハウを最大限活かし、北九州港の一層の効率化を図るとともに、利用者サービスの向上など、北九州港の発展に貢献してまいりたいと考えております。

北九州埠頭株式会社
代表取締役社長 橋本 哲治