事業案内

北九州リサイクルポート

 北九州リサイクルポートは、産業廃棄物など循環資源の荷役作業に対応した施設として、平成19年6月に供用を開始しました。
 この施設は、環境問題への対応、循環型社会構築の観点から、国土交通省が総合静脈物流拠点港(リサイクルポート)として指定しています。
 リサイクルされる様々な循環資源の受入や積出を可能とした廃棄物処理法に対応した施設として、岸壁部分を北九州市が、荷さばき地部分を当社が整備し、利用者の利便性と手続きの簡素化を図るため、当社において一元管理しています。

施設の概要

所在地
北九州市若松区響町一丁目
特徴
産業廃棄物などの循環資源の荷役に対応した公共岸壁
北九州エコタウン・総合環境コンビナートに近接
岸壁
水深 -5.5m
延長 100m(荷役可能なスペース約1,800平方メートル)
対象船舶 2,000DWT級まで
荷さばき地
防塵フェンス・水道施設・タイヤ洗浄施設・排水溝・汚水貯留槽

リサイクルポート 全景

荷役作業 風景

北九州リサイクルポート平面図

タイヤ洗浄施設

汚水貯留槽

防塵フェンス

水道施設

積替保管施設

荷さばき施設

リサイクルポートのメリット

  1. 幅広い種類の産業廃棄物が取り扱えます。
  2. 産業廃棄物の処理基準に適合した施設を完備しているため、利用者で防塵フェンスや排水施設などを設営する必要がなく、無駄なコストを省けます。
  3. 各種リサイクル工場が集積した、北九州エコタウン・総合環境コンビナートが直背後にあるため、陸送コストが抑えられます。

取り扱える品目について

産業廃棄物
燃え殻 汚泥 廃油 廃アルカリ 廃プラスチック類 ゴムくず 金属くず ガラスくず コンクリートくず 鉱さい 陶磁器くず 紙くず 木くず 繊維くず がれき類
建設混合廃棄物
(工作物の新築、改築又は除去に伴って生じたもの)
紙くず 木くず 繊維くず ガラスくず コンクリート破片 その他これに類するもの
その他
廃自転車 廃家電 シュレッダーダスト 廃パチンコ台 廃蛍光管 廃医療用具 廃ペットボトル 空き缶 古紙 廃トナーカートリッジ 食品廃棄物

※1 上記取扱品目において、特別管理産業廃棄物と同様の性状に分類されるものについては、分析の結果が基準以下であるものに限り扱えます。
※2 一般貨物の取扱も可能です。

ご利用の諸手続きについて

北九州リサイクルポートのご利用にあたっては、所定の手続きが必要です。
詳細は下記までお問い合わせください。

  • 北九州埠頭株式会社 事業統括部  093-331-0392

アクセスマップ